株主・投資家の皆様へ
Investor Relations

経営理念

ワキタの社是は「幸せ(しあわせ)」

当社創業以来の社是は「幸せ(しあわせ)」。

会社を取り巻くすべての人々が幸せになることを目指すべきである、という素朴な想いです。言い換えますと、株主さま、お得意さま、仕入先さま、社員がともに同じ目的に向かって、経済的にも精神的にも豊かになっていただくこと。
物心両面の満足を目指すことであります。

ワキタが大切にすること

1.お客さま満足の追究

常にお客さまの目線にたち、そのニーズをくみとり、その信頼を大切にしつつ、新たな顧客創造に努めます。

2.イノベーション(革新)と挑戦

停滞は退歩です。常に創造的な思考と行動で未来に挑戦します。

3.人間力

ワキタは「人」でできております。
自ら考え自ら行動する社員の人間力が企業エネルギーの原点です。
社員の成長による会社の成長を目指します。
そのために、社員個人の尊厳を尊重しつつ、社員の経済的豊かさと働きがいを追求します。

4.小ユニットによる独立採算性

事業を小規模ユニットに分けて、それぞれの独立採算を明確にします。
ユニットのリーダーは、「事業経営者」の指導力と責任を身につけることになります。

5.感謝の心

私たちの仕事や生活は、たくさんの人々に支えられて成り立っています。
お客様・社員同士・私たちの身の回りに見えるサポート・目に見えないサポートへの「感謝」、さらには広く公共社会への「感謝」が仕事の原点です。

6.社会人としての規律、法人としての規律

「感謝」の当然の帰結として、我々には守るべき規律があります。
個人としてのマナーとルール、法人としてのマナーとルールです。
正々堂々とした仕事を行う。その最低限のルールとして法令遵守(コンプライアンス)があり、これを外しては公共社会の中で存続できません。
反社会的勢力・団体に対しては、毅然とした姿勢をとります。

7.社会貢献

法人の目的は社会貢献であり、営利法人の社会貢献は本業を全うし、顧客に満足していただくことであります。
その社会貢献は、第一に社会に必要とされる事業を行い、社会で必要とされる存在になること、第二に健全な利益を計上し納税を行うこと、と考えます。

経営目標

〇 平成31年2月期に

連結売上高650億円、連結営業利益75億円を達成

〇 重点四施策

Ⅰ.連結子会社 八洲商会株式会社を主軸としたフォークリフト事業の展開、建機事業との相乗効果の追求
Ⅱ.建機レンタル事業のシェア拡大、基礎・地盤改良分野の深化、情報化施工に対応した技術志向
Ⅲ.海外事業の展開
Ⅳ.業容拡大の選択肢としてのM&A、アライアンスの積極活用