株主・投資家の皆様へ
Investor Relations

代表取締役社長
脇田 貞二

株主の皆様には平素は格別のご高配を賜り、
ありがたく厚く御礼申しあげます。
この度は、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々に
心よりお見舞い申しあげます。
さて、当社グループの2021年2月期第2四半期(第61期)連結累計期間の業績につきまして、以下のとおりご報告させていただきます。

事業の概況

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、企業活動、個人消費などあらゆる経済活動が抑制され、極めて厳しい状況となりました。緊急事態宣言解除後は一部で改善の兆しがみられましたものの、外出自粛、休業要請等、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う経済活動の停滞により景気は急速に悪化し、先行き不透明な状況が続いております。

当社グループを取り巻く環境は、自然災害による復興関連事業等の公共投資は底堅く推移しておりますが、民間設備投資につきましては実体経済の落ち込みによる減少が見込まれております。

こうした状況のもと当社グループは、新型コロナウイルス感染症予防及び拡大防止策として、お客様、仕入先と従業員の健康と安全確保を第一に、濃厚接触回避等の取り組みを継続し、事業活動を行ってまいりました。

事業セグメント別に申しあげますと、建機事業につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、一部の建設現場において工事休止や延期があったものの、自然災害への復旧・復興工事やインフラ整備工事は比較的堅調に推移しました。しかしながら市場全体をみますと、建設従事者不足や資機材の高騰による入札案件の不調や着工遅延、民間設備投資の減少、建機展示会等の中止による販売機会の減少及び中古建機の相場下落等による懸念材料も顕在化しており、販売部門・賃貸部門ともに厳しい事業環境が続きました。
その結果、建機事業全体の売上高は289億15百万円(前年同期比2.9%減)、営業利益は16億11百万円(同4.0%減)となりました。

次に商事事業につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、カラオケ機器や遊技関係設備を取り扱う取引先の店舗は一時休業等を余儀なくされ、販売部門は厳しい事業環境が続きましたが、介護用品・介護用機器等の賃貸を主力事業とする連結子会社の業績寄与により、賃貸部門は売上高及び粗利益ともに前年同期を上回りました。
その結果、商事事業全体の売上高は66億65百万円(前年同期比1.6%増)、営業利益は2億38百万円(同18.7%増)となりました。

次に不動産事業につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、ホテル部門は稼働率の低下や部屋単価の下落を余儀なくされましたが、商業ビルやマンション等保有している賃貸不動産全体でみますと稼働率が堅調に推移したことから、賃貸部門の売上高及び粗利益は前年同期をやや上回りました。販売部門は昨年6月から手がけている分譲用地以外に売却案件が特になかったことから、売上高及び粗利益は前年同期を下回りました。
その結果、不動産事業全体の売上高は24億14百万円(前年同期比11.3%減)、営業利益は7億24百万円(同1.5%減)となりました。

以上により、当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、商事事業は連結子会社による介護用品・介護用機器等の賃貸収入が寄与し増収となりましたが、建機事業及び不動産事業は減収となり、売上高全体では379億94百万円(前年同期比2.7%減)となりました。利益面につきましては、売上総利益が6億66百万円増にとどまり、販売費及び一般管理費が7億7百万円増加した結果、営業利益は25億74百万円(前年同期比1.6%減)、経常利益は26億77百万円(同0.6%減)、そして親会社株主に帰属する四半期純利益は、15億97百万円(同3.4%減)となりました。

今後の見通しにつきましては、新型コロナウイルス感染症拡大による影響が、経済や企業活動に及ぼす不確実性はあるものの、当社グループではこのような状況は当連結会計年度末までには収束し、次期連結会計年度より経済は緩やかに回復するとの仮定をしております。
当社グループといたしましては、「お客様、仕入先と従業員の健康・安全」、「当社を必要とするお客様への財・サービスの継続供給」、「企業体としての維持継続」の三つの課題を同時に追求するという難しい課題に引き続き取り組んでまいります。
当面は、経営の堅実と安定を旨として、グループ全体の企業価値の維持に取り組みつつ、この困難な時代に社会的課題の解決によって社会貢献いたし、危機に好機を見いだす努力を続けてまいる所存でございます。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

2020年11月
代表取締役社長 脇田貞二